ロゴ05.png
  • komuromachiko

電話1本で50万円節約できた

最終更新: 8月12日

コロナ禍で収入減もそうなんですが、我が家の場合、私が正社員を辞めパート勤務になったことで、思いっきり”減”になっています。その分、しっかり休めて、好きなことができ、プラスの部分も多いのですがね。

ただ現実として、「しっかり貯金しないと、この先の教育費が心配」ということもあり、緊急事態宣言が出る前の3月、ファイナンシャルプランナー(以下FP)の方に我が家の家計診断をお願いしました。

もともと主婦系雑誌を読むことが好きで、生活費の節約をできるだけ実行していたこともあり、こちらに関しては合格。固定費も大手キャリアから格安スマホに乗り換えたりと、それなりのことはしていたのですが、まだ削れるところがあると…。それは、「住宅ローン」!

我が家は変動金利で借りているのですが、今は、0.4とか、かなり低い住宅ローンがあるんですね。

実際、借り換えシミュレーションをすると返済金額がダウン。「でも、手間が…」と悩む私に、FPさんがこう言ったのです。

「今借りている銀行と金利交渉したら?」

私思わず、「ええっ!そんなことできるんですか?」と、叫んでしまいました。するとFPさんは、「今の状況をそのまま正直に話すんですよ。他の住宅ローンでシミュレーションしたらかなり下がったと。だけど手間がかかるから、悩んでいる。こちらの銀行さんで下げてくれるなら借り換えしないでもいいかなと、直接電話してください」と、具体的なアドバイスをもらいました。

その2週間後の4月、私は早速銀行に電話し、ローンの担当の方に同じように話しました。すると、「わかりました、検討します」とのこと。

それから何日か経ち、銀行から「金利を下げます」と電話がありました。通常は銀行に行き手続きするところですが、緊急事態宣言中だったこともあり、書類を自宅に送っていただき、後日その書類をみながら、電話で丁寧に説明をいただき、手続きが終わりました。

結果、0.175%下がり、月々の支払いは約1500円ダウン。全体で約50万円の節約。手数料は33000円でした。

ただ一回でも返済が滞っていると金利交渉は難しかったりと、いろいろ条件はあるそうなので、FPさんや銀行に相談してみてくださいね。



123回の閲覧
  • Twitterの社会のアイコン

はまぐらし編集部:hamagurashi@gmail.com

Copyright©2020 Hamagurashi All Rights Reserved.

104339508_695975107636661_22202476475220