ロゴ05.png

レジ袋有料化と感染リスクのせめぎ合い

最終更新: 7月7日

2020年7月1日から、全国のコンビニをはじめとした小売店でレジ袋(プラスチック製買物袋)が有料化されました(え?このタイミング!?)。コロナ禍以前より、財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省が、資源制約・海洋プラスチックごみ問題の観点から、ジワジワ予告してようやく踏み切ったのです。


レジ袋有料化に関する経済産業省のページ


一方、欧米では、レジ袋無料化の動きが再び広がっているというニュースがほぼ同日に聞こえてきました。新型コロナウイルス感染対策の為です。アメリカ西部カリフォルニア州では、客が持ち込むドリンクのタンブラーやエコバッグなどが禁止されました(行政命令)。2016年にはレジ袋の廃止と再利用可能な紙袋を有料化していた地域です。イギリスは2015年〜アメリカより早く行動し、当然このタイミングでは感染拡大のリスクを踏まえて一時的にレジ袋の無料提供に切り替えました。なんということでしょう!日本は逆行していますよね?


いままでコンビニでもらったレジ袋を再利用するために三角に畳んでみたりする日々(こんまり式)。コンビニの茶色いお弁当用の袋は底が平らのまま持ち運べるように広くなっていることに気が付きます(レジ袋秀逸!)。これを布のエコバッグで無事持って帰る自信はありませんよ。。。お弁当を買うなんて忙しい準備のない時ですよ。。。と、たまたま寄った関内のお弁当屋さんについては8月31日まで無料の張り紙がありました(ちなみに、吉野家、松屋、すき家、マクドナルド等も無料の方針だそうです。


地球環境問題とパンデミックでは、対策が正反対。


そういえば経済産業省による「キャッシュレス決済の消費者還元事業」は6月までだったけど実感がない(緊急事態宣言による外出自粛でネットショッピングは増えた)。レジ袋を有料にしたところで、プラごみが減る実感がないのです。「紙マスク」と呼ばれるサージカルマスクも実は、ポリプロピレンだという認識があまり語られていませんよね。。。


つまり、パンデミックという状況によりキャッシュレス消費は急成長し、レジ袋以外のプラごみが急増。皆さんはいかがお感じでしょうか?


経済産業省

経済日本産業でもとしかし












80回の閲覧
  • Twitterの社会のアイコン

はまぐらし編集部:hamagurashi@gmail.com

Copyright©2020 Hamagurashi All Rights Reserved.

104339508_695975107636661_22202476475220