ロゴ05.png
  • Mami Yamazaki

ヘアドネーションにチャレンジ!

うちの息子は、いわゆる「ロン毛」でした。1年9ヶ月本人の意思で伸ばしてきていましたが、急に「髪を切る!」と決意表明したのです。

胸下まである傷みのない子供の艶々な髪、なんとなく名残惜しさもありました…

そんな時、メンバーのTakesawaさんや周囲の勧めもあり、なんとなく知っている程度だった「ヘアドネーション」にチャレンジしてみようと思ったのです。


(写真は寝起き)

ヘアドネーション:小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動。日本では2009年にNPO法人Japan Hair Donation & Charityが活動を開始した。


「Japan Hair Donation & Charity」https://www.jhdac.org


まず、美容院は通常通り予約しましたが、追加料金¥500がかかりました。なるべく長い毛を確保する必要があるのでヘアドネーション用のカットや処理の仕方があります。

こういった状態で、いくつかに束ねてカットしてくれます。そしてオイルかな?湿っている状態です。生き物みたいでちょっと怖い。

ウイッグ利用されるには31cm以上の推奨がされていますが、うちのは31cm未満ということで

15cm以上からできる「つな髪®︎」を利用させていただきました。


「つな髪®︎」

https://www.organic-cotton-wig-assoc.jp/14664921933134


あとは、認定証の受け取りのために返信用封筒を添え、束ねた髪を送るだけでした。


医療用のウィッグやその検証素材として使われるはず。

誰かの役になってくれたら嬉しいなと。

実は私も腰まであるロングヘアーですが、思い切ってカットするときは、ヘアドネーション利用してみたいなと思っています。


yamazaki








20回の閲覧

最新記事

すべて表示