ロゴ05.png
  • komuromachiko

コロナ禍の6年生、行事がないモヤモヤが少し晴れた


我が家の長男は6年生。コロナの影響で、陸上競技大会は中止、プールも中止、春の遠足も中止、修学旅行も中止。しょうがないのはわかっていますが、やり場のない気持ちにモヤモヤしていました。それは、親以上に子どもたちが感じているでしょう。


毎年、4月に新入生が来て、給食の配膳をお手伝いをし、1年6年仲良し遠足に行ってと、新入生と触れ合いで、少しずつ6年生を意識するそうですが、今年はその機会がないので、当初わが子を含め、「6年生になった実感がない」と言っていました。


運動会は先週開催されましたが、保護者の観覧が無しでした。

先立って行われた懇談会で校長先生が、「生徒が多い小学校なので、密を避けるために、保護者の観覧をなしとした。学年ごとに開催し、保護者の観覧も受け入れるという選択肢もあったが、6年生が下級生の見本になる、お世話をする、6年生として参加できる運動会にしたかったので全学年で行うことにした」という話を聞きていたので、子どもを第一に考えての決断なら!と、納得したわけです。


運動会の様子は、息子から聞きましたが、2年生のお世話担当となったそうで、プログラムの順番がきたら移動を呼び掛け、合間にトイレを呼び掛け…と、休みなく動いたそう。リレーで活躍した息子に、「すごい」「足速い!」と声をかけてくれた子もいたらしく、ちょっと嬉しそうでした。同じ学校に通う3年生の娘の話によると、今年は白組が優勝したのですが、上級生の活躍が勝因だったそうで、「6年生がいたから優勝できたね」と話していたそう。 縦割りで活動する機会は、コロナ禍で減っているでしょうから、「6年生ってすごいな、かっこいいな」という姿を見せられたのなら、貴重な機会になったのだと思います。

欲を言えば動画配信をしてくれたら最高でしたが、手が足りないのかも…。


運動会は開催できたものの、ほかの行事が中止になっているわけですが、実はプラスの面もありまして、息子の小学校では修学旅行に変わる行事を子どもたちと先生が一緒に考えています。 「学校に泊まりたい!」という案が出たそうですが、感染防止の観点から宿泊はNGのため、夜の学校探検が企画されています。屋上での星空観察や、グランドで●●●(秘密)と、今まででは考えられない企画があり、とても楽しみにしているのがよくわかります。


「例年こうだから…」というのがない今年、子どもたちも積極的に案を出したりと、主体的にかかわっていることがとてもうれしく思います。またそのような機会をくれた先生方にも感謝しかありません。 コロナ禍の6年生というとネガティブなイメージが先行しますが、そんな状況でも、前向きに楽しんでいます。

ちなみに、「授業が間に合わない…」というネットニュースも見ましたが、先生によれば、プールがなかったり、熱中症警戒アラートで外で体育ができなかったり、夏休みを短くしたことで、予定通りのペースで進んでいるとのことでしたよ。



39回の閲覧
  • Twitterの社会のアイコン

はまぐらし編集部:hamagurashi@gmail.com

Copyright©2020 Hamagurashi All Rights Reserved.

104339508_695975107636661_22202476475220